ハプニング発生(゚Д゚) ~どうなる!?黒部五郎岳アタック!?~

北アルプス 黒部五郎岳
スポンサーリンク

【登山好き おるおる が 登山嫌いな ヨメジ とともに歩む登山日記】

番外編。登山嫌いな妻はお留守番。

2021年7月、親孝行をかねて、僕の両親と一緒に黒部五郎岳を目指す夢の縦走記録を綴っていきます!!

スポンサーリンク

■前回の話

双六小屋テント場で、初めてのソロテント泊を決行。

その矢先、豪雷雨により心をへし折れ、やむなく撤退。

小屋迫登山に変更です(。-`ω-)

登山は二日目、山場に突入(゚Д゚)ノ 

二日目の目標は、黒部五郎岳アタックです。

夢の大縦走 黒部五郎岳はまだまだ続く!!

■夢の大縦走 二日目 始動

いよいよ、夢の大縦走の最終目標点の【黒部五郎岳】へアタックします(*’▽’)

午前3時起床。 すぐに準備して、出発です!

二日目で、眠いですが(´-ω-`)、天気は晴れ予報で期待の一日(∩´∀`)∩

二日目の計画はコチラ

合計 11時間コース

双六小屋 → 三俣蓮華岳(1h30min.) → 黒部五郎小舎(2h) → 黒部五郎岳(3h) → 黒部五郎小舎(2h30min)

※休憩:合計 2h

午前3時57分に双六小屋を出発(*’▽’)

出発の時刻確認(゚Д゚)ノ

空は少しずつ、明るくなり始めています。

20分くらい登ると、巻道・中道の分かれ道に出ます。

夜明け前の稜線、巻道分岐と三俣蓮華岳

7月中旬は残雪が多く、稜線ルートは使えず、中道途中から稜線に上がる春道ルートがありました。

空は少しずつ赤みが科って、稜線が鮮明になってきました(∩´∀`)∩

まもなく夜明けの北アルプス

樅沢岳の向こうに槍の穂先がちらっと見えて、穂高の稜線もくっきり見えます(*´ω`)

山に囲まれるおる父

中道をゆったり歩いていくと、東の空から朝日が昇り始めました(‘ω’)ノ

いよいよ夜明けです(^^♪

ここで、朝日を眺めながら、双六小屋のお弁当で朝食にしました(^ω^)

影写真を撮ろうと挑戦しますが、うまくいかないです(; ・`д・´)

モルゲンロートと影写真に挑戦

何度か挑戦していると、いい感じの一枚が撮れました(=゚ω゚)ノ

おる家族の影写真

天気も晴れで今日は、すごく期待できる一日です!!

でも、内心は不安でいっぱいでした・・・(一一”)

■ハプニング発生?!黒部五郎岳が遠のく・・・

胃の調子がすごく悪く、気分がすぐれない僕・・・(+_+)

親に心配かけたくないので言ってませんが、黒部五郎岳にアタックできる体力は今の僕にありません・・・(;_:)

休憩を終えて、再び歩き始めますがどうしてもペースが上がりません(´・ω・`)

おるおる
おるおる

「ごめん、今日すごく調子悪い(+o+) 

 黒部五郎岳は登れないかも・・・」

おる母
おる母

「え~、大丈夫!? 

 昨日の雷事件で気疲れしたんやわぁ( ゚Д゚)」

おるおる
おるおる

「最悪、山小屋で休憩してるから二人で行って来てもらうかも(。-`ω-)」

おる父
おる父

まぁ、体調悪いのはしゃぁないなぁ。ゆっくり行こか!

一番、足が痛くて心配なおる父も励ましたくれます(/_;)

■苦渋の決断と回復の兆し

稜線と中道の分岐に到着したとき、あまりにも気分が悪くて、口から出そうになりましたが、胃が空っぽで出ませんでした(-_-;)

体調不良の原因は、おそらく三つと分析。※コロナではないです。

① 雷による計画変更での緊張

② 初めての3泊4日の縦走での焦り

③ 重すぎた荷物

おるおる
おるおる

「今日は、計画変更で黒部五郎岳アタックやめていい?!明日の朝なら体調戻るかもしれんし(;´Д`)」

苦渋の決断でしたが、楽しめない登山は意味がないし、この体調では危険ですね (;´・ω・)

親が快諾してくれると、すごく気持ちが軽くなりました(´ω`*)

いきなり、自撮りで状況説明できるようになる僕 ( ̄д ̄)

やはり、テンションって大事ですね(;^ω^)

自撮りで状況報告
おるおる
おるおる

「今日、黒部五郎岳にアタック予定でしたが、体調がすこぶる悪し。

計画変更します。

黒部五郎岳は、明日アタックします(´-ω-`) 

体調、良くなってね~(‘ω’)ノ」

おる父とおる母から預かっていた荷物も、二人に持ってもらったことで、体も軽くなりました(*’▽’)

今日は、二人に僕がエスコートしてもらいます(^^♪

双六岳中道からの景色

すると、景色がすごくきれいに見えるようになってきました(*^^*)

前方には、丸山の向こうに鷲羽岳と水晶岳がちらり(*‘∀‘)

目の前に雪渓が広がっていました(´ω`*)

振り返れば、双六岳の稜線と槍穂高がばっちり見えます(*´ω`*)

昨日のテント泊で感じた、「孤高の人 加藤文太郎」が見た景色だと思うと感激です(*´▽`*)

双六岳の稜線と槍・穂高連邦

ゆったりとした登山に変わり、僕のテンションも好転してきました(*^▽^*)

■次回の話

僕の体調不良で、計画変更しましたが、気分は回復傾向!!

天気も最で美しい稜線歩きを楽しんでいきます。

4年前に鷲羽岳からの帰り、稜線ルートを歩いたことが思い出されます(´▽`*)

また、この景色に会えるなんてサイコー!

黒部五郎小舎へゆったり向かうはずが、さらなるハプニング発生。

夢の大縦走はどうなってしまうのか!?

次回も読んで頂ければ幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました