三俣蓮華岳でのアクシデント!? ~三俣山荘エスケープ~

60代親孝行の山日記

【登山好き おるおる が 登山嫌いな ヨメジ とともに歩む登山日記】

番外編。登山嫌いな妻はお留守番。

2021年7月、親孝行をかねて、僕の両親と一緒に黒部五郎岳を目指す夢の縦走記録を綴っていきます!!

スポンサーリンク

■前回の話

僕の体調不良で、計画変更しましたが、気分は回復傾向!!

天気も最高で美しい稜線歩きを楽しんでいきます。

4年前に鷲羽岳へ向かった時は、巻道を雨の中進みました。

今回の景色は、雲が動く美しい展開に(*´▽`*)

まだまだ、山旅は続きます!

■雲の魅力

帰り道は、稜線ルートをこの日の快晴の中歩いていた日を思い出します!!

早朝は快晴で、最高の稜線歩きができました(*´▽`*)

それでも雲は、流れていくので天然カーテンのように景色が変わっていきます(*’▽’)

なんか見えてきそう!?

おる母は、前向きに晴れると信じて登り続け、三俣蓮華岳山頂で、雲が切れ切れに最終目標の地 黒部五郎岳が見えます(*‘ω‘ *)

最終目標がまた見えました(*’▽’)

美しい景色が広がる黒部五郎源流域に、4年ぶりに到達しました!!

山頂の標識とパシャリ!!

山頂での一枚

2日目の朝は、僕の胃腸の調子が本当に悪くて、黒部五郎岳アタックを諦めました。

しかし、これだけ雲が出ているなら、むしろ一日ずらすのはワンチャンあるかも(´∀`*)ウフフ

グルルルル~

おるおる
おるおる

「まずい、トイレに行きたいかも・・・(一一”)」

胃腸の調子が良くなりすぎたようで・・・緊急事態発生Σ(゚Д゚)

■緊急事態 三俣山荘エスケープ

今日の工程は、三俣蓮華岳から黒部五郎小舎まで下るだけです。

時間は、2時間30分・・・(-“-)

絶対我慢できない状況( ;∀;)

そんなときのエスケープルート(∩´∀`)∩

こんな時に使う言葉かは微妙ですが、間違いなく緊急事態なので「OK」ということにしましょう(; ・`д・´)

30分下れば、三俣山荘があります!

ここに行くしかない (´ー`)

幸い、現在の時間は午前7時頃で、三俣山荘へ寄り道しても合計4時間もあれば、黒部五郎小舎につきます。

おるおる
おるおる

「ごめん、トイレ行きたくなってきたから、三俣山荘に寄りたい(。-`ω-)」

おる母
おる母

「まぁ、時間あるしそうしよか!調子と天気が良ければ鷲羽岳に登れるかもしれんし(*´▽`*)」

どこまでもポジティブなおる母でよかったです!!

それにしても、花や雪渓がきれい(*’▽’)

お花畑と雪渓に励まされる

しかし、そんな余裕もここまで(;^ω^)

おるおる
おるおる

「ちょっと、先に急いでいくね!!間に合わんかもしれんから(;’∀’)」

三俣蓮華岳を下って、巻道と合流したところで親と別れます。

■急がば回れ。道迷い注意報!

ダダダダダダ~~٩( ”ω” )و

ハエマツのトンネル

ハエマツのトンネルを超えると、三俣山荘が見えました( ̄д ̄)

トンネルの向こうに三俣山荘(*‘ω‘ *)
おるおる
おるおる

「まだ、だいぶあるなぁ、焦らず急いでいこう!! 漏れる~~~\(゜ロ\)(/ロ゜)/」

鷲羽岳山頂は雲の中でしたが、水晶岳、叔父岳や雲ノ平に薬師岳と、憧れの地がすっきり見えてきました(*´ω`*)

黒部源流域の山々

途中で、挨拶してよそ見したら、絶対間違わないであろうところで、道を間違えますΣ(゚Д゚)

登山者A
登山者A

「登山道はそっち違いますよ~」

と、声をかけて頂き助かりました(;^ω^)

道迷いしかけました(´・ω・`)

急いでると、ふとした気のゆるみで道を間違えることを経験しました。

気と尻を引き締めて進みます(; ・`д・´)

雪渓を下り、もうすぐ三俣山荘

雪渓をいくつか通り過ぎ、テント場にまで来ました!

いつか登りたいテント場

三俣山荘で、いつかテント泊したいなぁ(´▽`*)

と、前日に雷雨で大敗した僕は胃腸ともに、心も立ち直っていました!!

■おるおる生還

やっとの思いで、三俣山荘に到着!!

あこがれの山小屋 三俣山荘

即刻、トイレに駆け込みました(´▽`*)

おるおる
おるおる

「いや~、山を汚さなくて済んで、よかったよかった(´っ・ω・)っ」

そんな、アクシデントを乗り越えて、ベンチで両親が下りてくるのを待ちます(*’▽’)

雪渓の上を歩くおる父と母の姿が、ちいさ~く見えます(*‘ω‘ *)

三俣蓮華岳から下るおる父と母

なんと朗報で、三俣山荘は、ソフトバンク(ワイモバイル)の電波がつながる(*’▽’)

ここで、久しぶりに登山嫌いな妻 ヨメジに連絡、黒部アタックは一日延期したことを報告しました(=゚ω゚)ノ

4年前に、来た時は大雨で大変でしたが、本日は雲は多くても晴れていて本当にきれいな景色に囲まれていました(´▽`*)

ちなみに、下山日は晴れ渡る世界でした(´∀`*)ウフフ

2017年の鷲羽岳と三俣山荘

■次回の話

重なるアクシデントも何とか切り抜けて、北アルプス最深部に来ました(´▽`*)

4年ぶりの三俣山荘は、今回も僕の救世主です(*^▽^*)

少し休憩して、いよいよ黒部五郎岳の麓 黒部五郎小舎へ向けて出発!!

雪渓、急坂、トラバースと難所を超えていきます。

天気は晴れ渡り、美しい絶景に包まれた山旅。

次回も読んで頂ければ幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました