三俣-黒部五郎巻道ルート~黒部源流の山々に囲まれて~

北アルプス 黒部五郎岳

【登山好き おるおる が 登山嫌いな ヨメジ とともに歩む登山日記】

番外編。登山嫌いな妻はお留守番。

2021年7月、親孝行をかねて、僕の両親と一緒に黒部五郎岳を目指す夢の縦走記録を綴っていきます!!

スポンサーリンク

■前回の話

やすらぎの空間 三俣山荘を出発し、いよいよ黒部五郎小舎へ!!

三俣から黒部五郎に抜ける巻道ルートは、僕たちにとって未知のコース!

■三俣→黒部五郎 巻道ルートを歩く

三俣山荘を出発したのは、時刻は9時30分でした。

黒部五郎小舎までコースタイムは約2時間、休憩やペースを考えると3時間あれば到着する予定(*‘ω‘ *)

まずは、三俣蓮華岳直登との分岐を目指します!

雪渓を踏み抜いたおる父も、今のところ足の痛みはなく、順調です(*’▽’)

1年前に、巻機山で転倒して山岳警察に救助されました。病院では、左足の半月板がなくなっており、登山は諦めたほうがいいとまで言われています( ;∀;)

そんなおる父は、今、北アルプス最深部の黒部源流域にきています(*^▽^*)

巻道を登る

ずっと下を向いて登っていますが、すごく感慨深いですね(*‘∀‘)

目標を明確に立てて努力し続けることが大切ですね٩( ”ω” )و

雪渓が多く残っており、雪解け水が流れる登山道に流れ込み、非常に涼しい(´∀`*)ウフフ

登山道は雪解け水の川
大雪渓現る

急いでもいないので、ここでコーヒーブレイクとしました(^^♪

僕は、少し昼寝しようと横になりましたが、暑さとまぶしさですぐ諦めました(=_=)

開けた大地で一休み

いよいよ、雪渓を登ります!

踏み抜きに注意して、僕が先行して危ない箇所がないか確認・誘導します(゚Д゚)ノ

大雪渓アタック

赤い印の粉が撒かれているおかげで、無事に踏破!

なかなかスリルのある雪渓でした(ノД`)・゜・。

今回は踏み抜く箇所はなく安心

■~三俣山荘→黒部五郎~ 巻道ルートの魅力

巻道ルートは、ずっと黒部源流を正面に、鷲羽岳から黒部五郎岳までグルっと山に囲まれた景色が望めます!

雪渓が多く残っており、雪解け水が流れる登山道に流れ込み、非常に涼しい(´∀`*)ウフフ

三俣蓮華岳をトラバースする形で、横に横に動くので標高差はそこまでありません。

ただ、雪渓が残っている場所も多く、暑い日は崩れるリスクがありますね!?

おる父のように(´っ・ω・)っ

三俣山荘出発後すぐ、雪渓を踏み抜いたおる父

雲ノ平も正面に広がり、その向こうに薬師岳が姿を現します(*^▽^*)

もちろん最終目標点「黒部五郎岳」が見えてきます!!

最終目標 黒部五郎岳と薬師岳の稜線を一望

人も少なかったこともあり、山の中を僕ら三人が独占しているような気持でした(∩´∀`)∩

ピークハントも良いですが、巻道ならではの景色の変化も楽しめます(*^▽^*)

■おる父のボケ

真っ赤な雪渓を進むおる父。

ふいに笑い出したおる父。

ふいに笑い出したおる父
おる父
おる父

ぐふっ(*‘∀‘)

おるおる
おるおる

「どうしたん急に!?」

おる父
おる父

「誰やこんなところで鼻血出したん?!

 え~らい鼻血や(´っ・ω・)っ

 お母さん、ここえらい鼻血出した人おるわ~ 

 (=゚ω゚)ノ」

振り返って、おる母に報告

大声でおる母に、ボケをかましてくれます(´―`)

急に笑い出したから何事かと思ったら、自分のネタが面白くて噴出したみたい(´▽`)

おる母
おる母

「やめて~(´っ・ω・)っもう少しきれいな表現な  

 かったん?!

 かき氷のイチゴシロップとかでええやん

 (;´・ω・)」

平和です(*´▽`*)

おるおる
おるおる

「うん、漫才できるな(´ー`)」

通常なら滑ったとしても、広大な山に囲まれるとどんなネタでも寛容になれる気がします(;´∀`)

そうこうして約1時間30分で、分岐に到着!!

三俣蓮華岳、黒部五郎岳、巻道分岐

ここからは、黒部五郎小舎まで下りになります(;^ω^)

2日目も、いよいよ終盤戦ですが、気を引き締めていきます(; ・`д・´)

黒部源流の圧巻

■次回の話

黒部五郎小舎まで残り1時間の道のり(∩´∀`)∩

天気は晴れで最高の稜線歩きを堪能(*´ω`*)

あこがれの地 黒部五郎小舎に到着します!!

夢のような時間を堪能できるおすすめスポットでした(*´▽`*)

次回も読んで頂ければ幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました