再起!!黒部五郎岳を目指して ~親の執念と努力~

北アルプス 黒部五郎岳

【登山好き おるおる が 登山嫌いな ヨメジ とともに歩む登山日記】

番外編。登山嫌いな妻はお留守番。

2021年7月、親孝行をかねて、僕の両親と一緒に黒部五郎岳を目指す夢の縦走記録を綴っていきます!!

スポンサーリンク

■前回の話

両親二人で登った巻機山で転倒。膝に大けがして、山岳救助隊に助けられました。

お医者さんからは、山に登るのは諦めたほうがいいと宣告される(+o+)

親と一緒に「黒部五郎岳」を踏破して、親孝行したいという夢の縦走は諦めるしかないんだろうか(>_<)

■再起

お医者さんに、「山を諦めたほうがいいですよ」と宣告されて落ち込む両親。

だけど、うちの親はそんなことで諦めるわけありませんでした。

毎週、おる父はリハビリセンターへ通います。

リハビリセンターの先生に、半月板がなくなったことを打ち明けたところ、

「僕も半月板ありませんけど、運動できてますよ」っと話を聞き、勇気100倍(*^▽^*)

やる気に満ち溢れて、トレーニングに励みます!!

診察の際にお医者さんに再度宣言したようです(; ・`д・´)

おる父
おる父

「やっぱり黒部五郎岳へ登れるように治していきたい( ゚Д゚)」

お医者さん
お医者さん

「・・・苦笑」

笑顔で何も答えなかったようですが、ダメと言われていないので、可能性を信じます( `ー´)ノ

1か月くらい過ぎると普通に歩け、2か月もたてば通常歩行はできるようになりました。

それから、毎朝30分ほど散歩することを日課に、左足の筋力強化を目指してリハビリします。

12月になると足の調子も徐々に良くなり、二上山(往復2時間程度のコース)に毎週登るようになりました(゚д゚)!

頑固なおる父は、おる母が止めてもすぐに頑張るので、足が痛くてもたいてい我慢します。

結果、足に水がわいて、病院で抜いてもらわないと歩くのもままならない状態に逆戻り(T_T)

まだまだ、油断はできませんが、着実に歩ける距離が伸びてきました(´∀`*)ウフフ

■地道な猛特訓

2021年、正月の松がとれるころ、大雪の中を歩くおる父の写真が送られてきました!!

大阪で一番高い 金剛山の山頂写真でしたΣ(゚Д゚)

思いっきり雪山でしたが、ほとんどが階段の千早道ルートで登ったとのことで安全ルートです!

その日から、極力毎週、奈良県の二上山と金剛山を登るようになったようです(゚д゚)!

それを続けられたのもすごいことですよね(; ・`д・´)

春には残雪の藤原岳へ登り、いよいよ7時間以上の登山に挑戦することに!!

おる母は、一年間登山を我慢していた影響もあり、どんどん山へ挑戦していきます(*’▽’)

次に選んだ山は、山ざくら満開の御在所岳から鎌ヶ岳へ周回するコース!!

花満開の御在所岳

さらに、近畿で一番高い 奈良県の八経ヶ岳へ!!

でも、話を聞いていると、道に迷ったとか、疲れて大変だったと、少し危ない状況もあったみたいです。

入念に計画を立てて挑まないと危ないなぁと、僕自身も気を引き締めます。

60代の登山は遭難が多くなるから、本当に気を付けてほしいと何度も伝えています!!

約10時間のコースも2回ほど登れるぐらい体力が戻ってきたので、いよいよ本格的に黒部五郎岳へ挑戦することを決めました(∩´∀`)∩

雨の中、二上山を登るおる父

■次回の話

もう登山は諦めたほうがいいと言われてから、約8か月!

頑固なおる父の血のにじむような努力で再び登山できる体力が戻ってきました(∩´∀`)∩

いよいよ黒部五郎岳の登山計画を立てていきます(´▽`*)

次回も読んで頂ければ幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました