北アルプス縦走 一人テン泊 敗退記 ~心を折る一撃~

北アルプス 黒部五郎岳

【登山好き おるおる が 登山嫌いな ヨメジ とともに歩む登山日記】

番外編。登山嫌いな妻はお留守番。

2021年7月、親孝行をかねて、僕の両親と一緒に黒部五郎岳を目指す夢の縦走記録を綴っていきます!!

スポンサーリンク

■前回の話

双六小屋で初めての一人テント泊(^^♪

しかし、天候はあいにくの雨です(´・ω・`)

とはいえ、これからは一人でも登山できるように訓練もかねて来ているので、

これはこれで楽しもうと思います(*‘∀‘)

■夕飯のお時間

雨が降っていて気温は13度ぐらいと肌寒いので、持っている防寒着をすべて着ました(; ・`д・´)

雨音って一人だとすごく不気味に感じるので、音楽を流します。

今日の夕飯は、缶詰のバターチキンカレーとアルファ米にします!!

いなばカレー缶

ゆっくりとカレーを温めていきます(∩´∀`)∩

おるおる
おるおる

「・・・ あれ?! なんか、寂しい?!」

孤独を感じるおるおる

いつもは、登山嫌いな妻 ヨメジが一緒に料理してくれるので、楽しく笑顔だったのに。。。

■孤高の人になった気分

今日は・・・。静かだ・・・

ポタポタポタポタポタ☔ 雨音だけが聞こえる(+_+)

外は雨脚が強まる 出典:いらすとや

親孝行登山に来たけど、親と会話もなければ、ご飯も一緒に食べてない(-“-)

名著 【孤高の人】の主人公 加藤文太郎は、ソロ登山は山と向き合う孤独な旅で、人を恋しくなることもあると言っていたが。。。

こういうことか!!大袈裟ですが、しみじみ感じました(´-ω-`)

孤高の人を思う僕 出典:いらすとや

追い打ちをかけるように、カレーをこぼしてテント汚れた~(ノД`)・゜・。

カレーが飛び散る惨事
おる母
おる母

「そういえば、おる母がなんかあったら、小屋に泊りや!!

個室にしてもらってるから何とかなると思うよ~(;´・ω・)」

おる母は別れる前に、アドバイスをくれました。

雨さえ止めば、雷さえならなければ、もっと楽しいはずなんだよな~(´・_・`) と自分に言い聞かせます。

■心を砕く一発

遠くからあの音が聞こえてきました・・・。

ゴロゴロゴロゴロ~~。

雷鳴 出典:いらすとや

ここで、決意しました(。-`ω-)

おるおる
おるおる

「よし、雷が落ちたら、避難しよう!!

 登山雑誌にも雷来たら避難するって書いてたも 

 ん(。-`ω-)間違えてない。。。」

カレーが温まり、お米に入れて食べます!

夕飯です
おるおる
おるおる

「うん、うまいうまい(´∀`*)ウフフ」

でも、動画では「うまい」って言ってましたが、緊張していてあまり味がしてなかったです(´・_・`)

登山嫌い妻のヨメジが、料理してくれたらもっとおいしく、楽しいのになぁ~( ;∀;)

その時です。

ピカッ!!!!

バリバリ、ドーーン!!!!!

一撃必殺 出典:いらすとや

ゴロゴロゴロゴロゴロゴロゴロゴロ~~~~~

弓折岳方面の尾根に落ちた稲妻をテント内からはっきり見てしまいました。

ポキっと心が折れました(;´Д`)

おるおる
おるおる

「こっわ、むりムリむり無理ムリ…こわい怖い…ブツブツ…」

即座に貴重品をまとめて、山小屋へダッシュ;つД`)

カメラの電源を切り撤収する僕
小屋までダッシュ 出典:いらすとや

小屋についた直後、落雷と大雨が双六小屋周辺を包み込みます(´-ω-`)

豪雷雨の外 双六小屋より

荷物が重すぎて、肩が痛いし、明日からさらに縦走が続く。

しばらくして雨が上がっても、この先天気が良い保証はない。

不安でいっぱいで、少し涙目になっている僕でした。

今見るとお土産がいっぱい 双六小屋避難者

親孝行登山を継続するには、テント泊登山は無理だと決断!!

山小屋スタッフの方に、事情を説明。

本来、コロナ渦で予約なしでは泊まれないのですが、この日は親が個室で泊まっていたので、何とか支配人から特別に了承頂けました。

今回の一人テント泊は、ここで終了です・・・(´・_・`)

1時間ぐらいで雨が上がり、テント回収しました。

雨上がりの鷲羽岳方面がきれいに見えます(‘Д’)

夕暮れの三俣蓮華岳、辞意が岳、鷲羽岳

他のテン泊していた人たちは、何事もなかったかのように料理を作っていました。なんという強者Σ(゚Д゚)

豪雷雨でもテントは無事。雷雨では、ライチョウさんのように耐え忍ぶしかないのかな~( ̄ー ̄) とか考えてました。

今の自分にはハードル高すぎだったと反省です。

テント泊登山は、一から出直します・・・(´-ω-`)

双六小屋の皆さん、本当にお世話になり、ありがとうございましたm(__)m

感謝の双六小屋

■次回の話

テント撤収後は、乾燥機で濡れた服を乾かしたり、次の日の準備をしたら、すぐに就寝しました;つД`)

明日は、黒部五郎岳へアタックする予定!!

重い荷物で体は痛いし、メンタルはすり減ってるし、本当に登頂できるのか(;´・ω・)

夢の大縦走 黒部五郎岳への山旅は二日目へ続きます。

次回も読んで頂ければ幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました