山嫌い妻の登山への道

登山嫌いな妻の山日記

【登山好き おるおる が 登山嫌いな ヨメジ とともに歩む登山日記】

 登山嫌いな妻が山の魅力に惹かれる様子。

 登山を趣味にする魅力やおすすめの登山道具を紹介しながら、山の魅力に迫っていきます。

■前回のまでの話

 登山嫌いなヨメジが、山へ一緒に行ってくれました!!

 決め手は、「山って涼しいんだよ~」^^

 北海道育ちのヨメジは、本州の40℃越えの真夏に参っていたので、ちょうどよい。

僕は、涼しい山で最高の景色に囲まれるプランを完璧に立てた!

 登る山は、中央アルプス 木曽駒ヶ岳!!

中央アルプス 木曽駒ヶ岳 宝剣岳

 きれいな景色、短いコース(往復4時間)、山頂での山ご飯!

■木曽駒ヶ岳へ向けて出発

朝4時 僕は起床した。

ヨメジは、熟睡。

山は朝早くから登り始めるのが鉄則だ。

そのためには、前泊で登山口近くでの車中泊をよくする。

問題①

しか~し、登山嫌いなヨメジ「えっ、車中泊?!絶対いや」と即答されたので、

計画変更!
僕の家から登山口の木曽駒ヶ岳バス停までは、2時間ちょっと。

早朝 5時に出発すれば、バスの始発に間に合う計算。車中泊しなくて済む!!

僕「OK、じゃぁ朝早起きして出発するね」

ヨメジ「まぁ、ならいいよ~」と了承を得た。

よし、これで解決。

問題②

しか~し、登山嫌いなヨメジ 「え~、そんな朝早くって、3時に起きるの?!

そんな早く起きれないよ~」

計画見直し!!

僕 「OK!!OK!!じゃぁ起きなくていいよ~。もうね、服の着替えから、車に乗せまで、僕がやるから、寝てるままいいんだよ~~!!」

ヨメジ

「まぁ、ならいいよ~」と了承を得た。

よし、これで解決。

朝3時前 僕は起床した。正直、緊張して寝付けなかった感じはします(-_-)/~~~ピシー!ピシー!

ヨメジは、熟睡。

僕は、まず部屋の明かりを小さくつけて、少しだけ物音を立てて準備をする。

近くの駐車場へ、昨晩借りたレンタカーを取りに行った。

外は少しずつ明るくなってきて、夏のいい感じの香り。少し蒸し暑いけど、これこそが夏!!

部屋に戻って、また別の場所の明かりを増やす。

徐々に部屋を明るくすることによって、朝が早く来たような錯覚をヨメジに与えるためだ。

歯磨きと顔を洗う。少しずつ、周りの音をヨメジに聞かせる。

部屋の電気はMAXに明るくした。

が、まだ起こさないよ~。

先に登山道具一式を車に積み終える。

ようやく、ヨメジに服を着させていく。

寝ぼけるヨメジに登山服を一つずつ着せていく。少しだけ目が明いた。

寝てるヨメジのイメージ (実家のねこ)

よし、歯磨きと顔を洗うのだけは頼む。

とはいえ、まだ4時半だ。時間的に余裕だ。

寝ぼけてるおかげで、あまり不満も言われない(。^^。)

すぐに車に乗せて、準備完了。

忘れ物はない。ヨメジはうとうとしている。

カーナビ設定もOKだ。

午前6時 しゅっぱーつ シンコー!!!

が、「おなかすいた~」。ってヨメジが言い出した。

急遽、近くのセブンイレブンで朝ご飯と昼ご飯のおにぎりとパンを調達。

たぶん、運転中もご飯を食べたほうがいい気がするよね。

空はだんだん明るくなってきた。

夏の朝

やばい、もう5時半だ。このままでは、休日の木曽駒の駐車場は激込みするから止められなくなる~。っと焦りつつも。そんなそぶりはヨメジに見せない。

ゆっくり食べて、寝てていいんだよ~!!

ようやく、出発。

中央道を通って、木曽駒ヶ岳へ!!!!

■次回予告

木曽駒ヶ岳の登山入り口になる 菅ノ台バスセンターに到着。

ここから、バス、ロープウェイを乗り継いで、有名な千畳敷へ。いよいよ登山が開始される。

山大好きな僕と嫌いなヨメジの登山はどうなっていくのか!?

コメント

タイトルとURLをコピーしました