晴天の小池新道を登る ~秩父沢出合 到着~

北アルプス 黒部五郎岳
スポンサーリンク

【登山好き おるおる が 登山嫌いな ヨメジ とともに歩む登山日記】

番外編。登山嫌いな妻はお留守番。

2021年7月、親孝行をかねて、僕の両親と一緒に黒部五郎岳を目指す夢の縦走記録を綴っていきます!!

スポンサーリンク

■前回の話

いよいよ始まった、夢の大縦走!!

おる父の足も快調で、ワサビ平まで 予定通りの約 1時間20分で登ってきました。

ここから、小池新道、鏡平小屋へ向かっていきます(∩´∀`)∩

天気予報は晴れ!!

最高の景色が待っています(´∀`*)ウフフ

■わさび平小屋を超え小池新道へ

わさび平小屋で朝ご飯を食べて、少し体力回復(;^ω^)

緩やかな登りが再び始まります。

佐俣林道を歩く

佐俣林道は、上高地から横尾への長いだらだら道を思い起こしますね(´・_・`)

とはいえ、まだまだ元気な僕たちは悠々と登っていきます!

お、一つ目の難所!

川だ!!

川を渡るおる父
おるおる
おるおる

「お父さん、お~無事渡れたやん(;^ω^)」

おる父
おる父

「そりゃそうやで、これぐらい渡られへんかったら、登山でけへんわ(゚Д゚)ノ」

おる母
おる母

「そりゃそうやなぁ、アハハハハ(*^▽^*)」

だんだんと標高の高い場所に、太陽が当たって、より美しい山容が見えてきます。

鏡平方面の山容

おる母を先頭に、おる父もついていきます。

おる母先頭、おる父が続く

2,000mを超えるまではおる母は、すごく元気です(^^♪

わさび平小屋を出発して、約30分で小池新道と奥丸山の分岐に到着です!

小池新道、双六岳方面は左へ。

小池新道登山口

■小池新道を登る

小池新道登山口には、双六小屋からの看板で注意喚起がありました。

双六小屋からのメッセージ
  • 登山者の方へ
    1. 小屋泊は完全予約制
    2. テント泊は特定日は予約制
    3. 以下に該当する方はお帰りください
      • 37.3℃ 以上の熱のある方
      • 喉・咽頭痛・倦怠感などある方
      • 体調がすぐれない方 ※今年は感染予防防止のため、ご理解ください

2021年に登山される方は、ホームページの確認をお願いします。

分岐を超えると、すぐに川を渡る場所が出てきます!!

おるおる
おるおる

「お、また難所やから気を付けてな ( *´艸`)」

おる父はここも難なくクリアできました!

難所の川です(笑)
おる父
おる父

「いくらなんでも、これぐらいは行けな終わりやで~(´っ・ω・)っ」

おるおる
おるおる

「足のほうも調子よさそうでなによりや(∩´∀`)∩」

ここから少しずつ、傾斜が厳しくなっていきます。

川沿いなので、ゴロゴロとした川石の道を登ります。

見上げれば、朝日とチョンチョンが!!!

あのちょびっと、まさか槍か!?槍なのか!?
おるおる
おるおる

「やり見えてる(´▽`*) うん?!あれ槍だよね?!」

おる母
おる母

「やりややりや(*^▽^*)やったなぁ~!!」

おる父
おる父

「お~あれがやりかぁ!!」

山って、本当に美しい!

振り返れば、穂高連峰と焼岳が少しずつ見えるようになってきました!!

西穂高方面が見えてきた

とにかく、青空がすごすぎ!!

焼岳も見えるよ

鏡平への道は、どんどんと傾斜が急になってきました!!

傾斜が急になる

標高も上がり、おる父と母のスピードもゆっくりになります((+_+))

また、天気がいいので日差しが強く、すごく暑くなってきました!!

とにかく美しい穂高連峰と槍

おる父とおる母も徐々にばててきてますが、

天気がサイコー過ぎて、疲れは吹き飛びます(#^.^#)

■秩父沢出合に至る

小池新道登山口から約1時間30分で、秩父沢出合に到着です。

雪解け水の影響で、すごい水量です!!

一週間前であれば、橋が架かっていなかったみたいです。

巻道は時間ロスとなるので、橋を架けてもらえていて感謝ですm(_ _)m

秩父沢と槍さん

ここまでのコースタイムは、目安の2割くらい遅いですが、計画通りなので問題なし(*´ω`*)

時間に追われると疲れてしまうので、今回はかなりペースコントロールに注意しました。

見上げれば、すぐそこに雪渓と激流、そして青空が広がります(∩´∀`)∩

雪渓と雪解け水(´ω`*)

川の音を聞きながら、少し休憩です(;^ω^)

僕はここでおにぎりを、おる父とおる母は菓子パンを食べてました~(´∀`*)ウフフ

秩父沢から鏡平まで、さらなる急登が続くので、気合を入れ直します。

おる母は、4年前に双六岳へ一緒に登った際、足を攣って非常に苦労しました。

今回は、荷物を僕が一部担いで、二人の軽量化を計ります!!

ここで、影を見つけて少し休憩で~す(;^ω^)

カロリー消費と汗が出るので、エネルギー補給はポイントですね。

■次回の話

まだまだ、序盤の序盤ですが、小池新道を登ります。

天気は、晴天!!

槍ヶ岳、穂高連峰も徐々に見えてきて、テンション爆上げです!!

秩父沢出合は、鏡平小屋までは急登が続きます( ;∀;)

おる父、おる母は大丈夫なのか!?

がんばれおる母!!登ろうおる父!!

鏡平小屋には、ご褒美が待っている(∩´∀`)∩

次回も読んで頂ければ幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました