西天狗岳の過酷な下山 ~希望の黒百合ヒュッテに向けて~

北八ヶ岳 ~登山歴2年目~
スポンサーリンク

【登山好き おるおる が 登山嫌いな ヨメジ とともに歩む登山日記】

山嫌いな妻との登山日記やおすすめ登山グッズを紹介して、山の魅力に迫っていきます。

自分は登山が好きだけど、家族が苦手としている方で、それでも一緒に登ってみたいと夢見る方に勇気を届けられれば幸いです。

スポンサーリンク

■前回の話

山頂にトイレがなく、しかも雨が降り始めました((+_+))

山ご飯で少し機嫌が良くなっていたヨメジ。

しかし、箸が見つからないと思ったら、ヨメジのひざ元に隠れており、

それを意地悪く追及した僕のせいで、ヨメジ泣く。

いったいこの山旅はどうなるのか?!

■追い打ち

いよいよ下山開始です(´・ω・`)

まずは、トイレに行くために、山小屋「黒百合ヒュッテ」を目指します。

コースタイムは、約1時間15分。

ヨメジにとっては長い道のりになりそうです。

さっきよりも、真っ白ケッケになってしまった。

真っ白な下山
おるおる
おるおる

「あ、あんなところに山男がいる(*´ω`)

まだ泣いてるけど・・・」

山男になったヨメジ
ヨメジ
ヨメジ

「前髪にめっちゃ雨当たるんだよ。」

おるおる
おるおる

「帽子を被ってからカッパを着ると、前髪に雨がかからないんだよ。」

ヨメジ
ヨメジ

「帽子しまったからもう山男スタイルで行くよ。」

箸発見のくだりの話をしながら、ゆっくり下り始めます。

おるおる
おるおる

「正直言って、箸が見つからないほうが、ヨメジが泣かなくてんだからでなくてよかったね ( ;∀;)」

などと話して、ヨメジのモチベーションを保つのに必死な僕。

西天狗の下りは、結構険しい岩場でした。

雨で岩が濡れているので、滑らないように慎重に慎重に。

以外に険しい西天狗岳の下山

東天狗は何も見えないから、登らずに下ります。

おるおる
おるおる

「あれ、ヨメジ荷物は?!」

ヨメジ
ヨメジ

「食べたの。食べきったの(*’▽’) おうおるも食べてたじゃん」

おるおる
おるおる

「あ~だから、僕も荷物が重くなったんだね(*´ω`)」

雨が激しくなったり、弱まったりしています。

霧がすごく濃くなっているので、ヨメジの地元「釧路」に似ているようです。

真っ白な中、ゆったりと下山していきます。

■まだまだ続く長いなが~い下山

一瞬の太陽が出てきて少し暑くなってきた。雨も一旦やみました。

暑いから、山男装備を解除して、帽子をかぶり直すヨメジ。

西天狗岳がうっすらと見えます。

ヨメジ山男を解除

そして、ヨメジの胸元から山男がこちらを見ています。

ヨメジと山男、ときどき西天狗岳

東天狗岳の登り返しや長い下山の始まりに心が落ち込むヨメジ。。。

下山なのに登ることは不満なヨメジ(~_~メ)

さらに、霧の中、1時間も歩くのでヨメジの精神は激下がり。

何度も座り込みます。

ヨメジはすでに激おこで、話しかけるとバチ切れされるので遠くから撮影(゚д゚)!

登山に疲れて座り込むヨメジ

ここからはヨメジにカメラを向けただけで切れられるので、動画は残っていませんでした。

ヨメジの険悪な雰囲気を背中に感じながらゆっくりゆっくり下山していきます(;’∀’)

歩くのがつらいし、1時間も歩けないと何度も座り込むヨメジ。

展望もないし、話題を変えてもヨメジはずっと不機嫌度MAXでした( `―´)ノ

■この時の僕の心境

何度も座り込むので、コースタイムはどんどん伸びます。1時間で着く予定が、15分は遅くなっている状況。

ヨメジから、あと何分か何度も聞かれますが、ほぼ進んでないので時間が減りません。

さらに、体感時間も長くなり、ヨメジはさらに座り込みます。

このまま夜になるようだと、ヘリコプターとか救助呼ぶしかないな~(=_=)

僕は担いで帰れないだろうし((+_+))

もうヨメジは、一緒に山には登ってくれないんだろうなぁ~(´・_・`)

今まで一緒に登ってくれて嬉しかったなぁ。

でも、ヨメジは山育ちだから山や絶景には感動しないんだろうなぁ~(*_*;

など、ず~っとマイナス思考で下山していました

そして、ようやく中山峠の分岐に到着。

■山小屋へ栄光のウッドロード

分岐を超えると、山小屋へ栄光のウッドロードをゆったり歩いていきます。

栄光のウッドロード

傾斜もなく、安全でなだらかな木道を5分程度進みます(;’∀’)

ヨメジ頑張ってくれました(*^▽^*) ありがとう!!

ウッドロード(木道)を歩むヨメジ

ヨメジの機嫌も少し良くなりました (;^ω^)

トイレ行きたいヨメジのため、急いで木道を歩いていきます(^^♪

ようやく到着しました~~(∩´∀`)∩

ここが、黒百合ヒュッテ!!!

黒百合ヒュッテ正面

■次回の話

ようやく到着した黒百合ヒュッテ。

これで、トイレに行ける。ヨメジの機嫌も少しは回復しました。

下山はここから2時間ぐらいなので、それはまだ伝えていません(´・ω・`)

まずは、ここでゆっくり休憩して、ヨメジの気持ちが回復することを信じ、

いよいよ、あの大人気メニューを注文します(´▽`*)

この山旅、無事に下山することができるのか?!

次回も読んで頂ければ幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました