黒部五郎カールアタック ~魅力満点の登山コース~

北アルプス 黒部五郎岳

【登山好き おるおる が 登山嫌いな ヨメジ とともに歩む登山日記】

番外編。登山嫌いな妻はお留守番。

2021年7月、親孝行をかねて、僕の両親と一緒に黒部五郎岳を目指す夢の縦走記録を綴っていきます!!

スポンサーリンク

■前回の話

黒部五郎カールでのモルゲンロートに包まれて、登ります(*‘∀‘)

ゴーロの巨岩、雪渓からの雪解け水がカール内の至る所にあり、ここは天国か?!と思えるほどの美しさ(*´ω`*)

空は晴れ渡り、最高の山歩きを満喫中です(´▽`*)

■黒部五郎カールを行く

カールを横断して、少しずつ傾斜が増していきます(*‘ω‘ *)

大きなゴーロの巨岩があちこちにあります。

巨岩を横切るおる父と母

足元もゴロゴロ岩があちこちに転がって歩きずらい(´・ω・`)

おる母にカメラをバトンタッチ!

晴天の黒部五郎岳アタック
おる母
おる母

「ずっと、荒い息が入ってるかもよ(゚Д゚)ノ」

おるおる
おるおる

「ええねんそれも大事(^^♪

 それにしても、この青空を見て~(´▽`) 」

おる父
おる父

「ホンマや!すごいなぁ(*’▽’)」

おるおる
おるおる

「真っ青やん!!キレイなぁ~(´ω`*)」

きれいな景色に囲まれて、山を登っていきます(;´∀`)

カメラマンおる母より、

続いて、おる父にカメラマンを交代です。

おる父
おる父

「はぁ、はぁ、はぁしんどっ」

録画した動画の音声は、おる父の息遣いがしっかり入ってました。

えっちらおっちらと登るおる父です( ˘•ω•˘ )

足は今のところ調子が良さそうです(^^♪

 

稜線目前の急登までもう少し

■黒部五郎岳カールの魅力

① 日本一美しいカール (*^^)v

見回すと270度ぐらいを山に包み込まれる圧巻の山容でした。

必死に登るおる父と登山隊

正直、この地について一番の驚きでした(´っ・ω・)っ

写真やテレビで見ても、槍ヶ岳や穂高のほうが魅力的だと思っていましたが、雄大な山に囲まれて自分が山と一体になっている気持ちになりました(´ω`*)

槍穂高連峰が見える

この感覚は、過去の山では経験したことのない満足感を得られます(´▽`*)

ほんとに、山の魅力盛りだくさんのコースで、まるで「アルプスの少女ハイジの世界」

おる父と母はそろそろ限界!?

② 圧巻のゴーロ巨岩(∩´∀`)∩

登れば、あちこち巨岩がドーン

巨岩がドーン

あっちにもドーン、こっちもドーンとどうやってそこに立ってるの(。´・ω・)?

と思える位置に、とてつもなく大きな巨岩が聳え立ちます。

ゴーロゴーロという名の通りで、他の山では見たことのない景色が広がっていました(´▽`*)

③ 雪渓と青空のコントラスト

雪渓が解けて、雪解け水の小川がいたるところに流れています(^ω^)

雪がなくなって間もない茶色のエリア、雪渓の白、銀色の巨岩、新緑の緑、天空の青が心を引き込みます(´▽`*)

絶景カール

振り返れば、双六岳、槍・穂高連邦の美しい山並みが見えます!!

おる父とおる母は、傾斜が厳しくなってきて、口数は減ってきましたが、感動の連続で登り続けます!

■黒部五郎稜線への急登

稜線に上がるために、急騰を進みます。

最後の急登へ

徐々に標高を上げるにつれて、お花畑も見えてきました。

おるおる
おるおる

「ごーろごーろ、岩だらけ♪

 あ、お母さん、この石浮いてるから気を付けてね(´っ・ω・)っ」

僕は歌を歌いながら、登っていきます。

おる父は、もう無心で振り返ることもなく登り続けるモードチェンジしました。

傾斜がさらに増し増し(;”∀”)

傾斜はさらに増します(゚д゚)!高度感があり、スリルが増し増し(;”∀”)

黒部五郎と北アルプスの稜線

とにかく景色がきれい!

もう最高です!!!!!

ようやく稜線に上がると、その向こうに「薬師岳」と「太郎平小屋からの稜線コース」が一望!

おる母
おる母

「あ~!!あれが薬師?!こんなに近くなったんや~(*´▽`*)

 お~い!! やくし~~ (´∀`)∩」

薬師に向かって手を振るおる母でした(*’▽’)

薬師岳がドーーーーーッン! 手を振るおる母

その向こうには「立山連峰」が!!

おるおる
おるおる

あ~~、劔も立山も見えてる~~(=゚ω゚)ノ

おる父
おる父

「あれが立山かぁ~!!すごいなぁ(*´▽`*)」

立山連峰剣まで見えるぞ~(´▽`*)

ここからは、稜線歩き!

山頂へのビクトリーロードです(∩´∀`)∩

山頂までのビクトリーロード(´ω`*)

■次回の話

黒部五郎岳の稜線に上がりました!

薬師岳や立山連峰、白山の姿も見えます。これまで登ってきた登山ルートも一望(∩´∀`)∩

白山、富山方面の絶景が広がる

頂上へラストスパート(´▽`*)

いざ、夢の大縦走 黒部五郎岳アタック 山頂へ

次回も読んで頂ければ幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました