黒部五郎岳ピークハント ~夢の実現はあきらめないこと~

北アルプス 黒部五郎岳
スポンサーリンク

【登山好き おるおる が 登山嫌いな ヨメジ とともに歩む登山日記】

番外編。登山嫌いな妻はお留守番。

2021年7月、親孝行をかねて、僕の両親と一緒に黒部五郎岳を目指す夢の縦走記録を綴っていきます!!

登場人物:おる父(64歳)、おる母(62歳)、僕(32歳)

スポンサーリンク

■前回の話

黒部五郎カールを超えて、稜線へ!!

その世界は、まるで天国(´▽`*)!?

北アルプスの雄大な景色が広がります(*^^*)

いよいよ、山頂に向けて栄光のビクトリーロードを歩きます。

■天空の稜線歩き

黒部五郎稜線は、青空、雲海となが~い稜線を見渡せます(´▽`*)

黒部五郎稜線到達

山頂に向けた道は、名の通りゴーロゴーロの岩だらけ!

おる父は、左ひざが曲がりにくいので、足を上げるのに苦戦しています(゚Д゚;)

ゴーロゴーロが阻む

かなり標高が上がってきました(´▽`)

双六岳の向こうには、槍穂高稜線がくっきり見える!!

黒部五郎と北アルプス

テンションはすでに爆上げ!

だんだんと速度が増していき、おる父とおる母の距離は開いていきます!!

ここは「黒部五郎の肩」(´▽`)

ここは黒部五郎の肩

残り15分で黒部五郎岳山頂です(*´ω`*)

雪渓が現れました!!

これは、カールから見えたこのカールですね(^ω^)

とにかく360度が美しい景色に囲まれ、どんどんと景色が広がる山の醍醐味です!!

夢のような天空の登山道です(^^♪

山頂へのビクトリーロード

山頂に向かう最後の傾斜もゴーロゴーロが阻みます。

おるおる
おるおる

「ぜーぜーぜー、すげー、マジすごすぎ~(;´∀`)

 ゴーロゴーロの岩だらけ!!たのし~(*’▽’)」

ずーっと先を歩いているチームにもうすぐ追いついてしまう速度で登っていきます!

まだまだゴロゴロ岩で歩きづらい
おるおる
おるおる

「ここまで来たんだから、早く山頂の景色が見たい!!」

山頂間近で、合流してしまいましたね(´っ・ω・)っ

山頂目前の景色!

荷物が縦走装備でとても重そう(;^ω^)

■北アルプス 黒部五郎岳ピークハント

ついに、夢の大縦走 最終目標 「黒部五郎岳山頂」登頂です!!!!!!

Mt.Kurobegoro peak

正面に広がる景色は、黒部五郎カールと今回の縦走路 「双六岳、三俣蓮華岳」が目に飛び込みます!

双六岳の向こうに槍穂高の稜線!!

北アルプスの大絶景

槍ヶ岳は、山頂がしっかりと見える(´▽`*)

左側には、鷲羽岳、水晶岳、雲ノ平もばっちり!!

西側斜面は、雲海と本物の海!そして、白山の山並みが見えました(∩´∀`)∩

白山方面には雲海

振り返れば、薬師岳、を中心に、立山連峰、後立山連峰まで見えています(≧◇≦)

薬師岳~立山連峰の縦走路

まさに、360度展望の最高の景色です!!

いつか登りたい笠ヶ岳もしっかり確認(^ω^)

その向こうに、乗鞍、御岳も見えてます(´▽`*)

笠ヶ岳、乗鞍岳、御岳山が並ぶ

■ 夢が叶う瞬間 Mt. Kurobegoro

おる父、おる母到着~ヽ(^o^)丿

おるおる
おるおる

「おつかれ~~(´▽`*)」

おる母
おる母

「ついた~(*’▽’)

 わ~~~~!!めっちゃきれい~~(∩´∀`)∩」

 

槍の穂先がうっすらと
おる父
おる父

「ついたな!!先生に写真撮らなあかんなぁ(´▽`*)」

2年間夢見続けて、諦めずにここまで来れました(/・ω・)/

夢が実現する瞬間です!!

登頂成功記念撮影!

おる父(65歳)は、2年前に膝のガングリオン摘出手術を実施(;´・ω・)

1年前に、リハビリ登山で転倒し、半月板欠損(ノД`)・゜・。

もう山は諦めたほうがいいと診断されました(´;ω;`)

でも、諦めずにトレーニングを重ねて夢を実現させました!!努力が大事ですねヾ(≧▽≦)ノ

小屋で購入の手拭いで一枚

おる父は、お医者さんに「ありがとう」と書いた紙を持って、記念写真を撮りました。

後日、主治医の先生に写真を見せたら、大喜びで携帯画面越しに、スマホのカメラでパシャリ!

ものすごく喜んでくれたとのことです!!本当に感謝感謝です。

写真を撮りながら、景色を満喫!

40分くらい滞在しました(´▽`*)

名残惜しいですが、そろそろ下山開始しないと間に合わなくなるので出発です(´・_・`)

また来ます。黒部五郎(‘ω’)ノ

■次回の話

いよいよ、下山開始!

ここから、約8時間の山行になります。

目的地は、初日に宿泊して、雷雨で敗退した双六小屋(´・_・`)

まずは、黒部五郎小舎でデポした荷物を回収します!!

次回も読んで頂ければ幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました