\ 最大8%ポイントアップ! /

【登山で使える?】TicWatch Pro 5 スマートウォッチ 実使用徹底レビュー

登山用スマートウォッチはどれがおすすめ?
腕時計で地図を確認したい
TicWatch Pro 5 ってどんな性能?

この記事は、このような悩みのある方に向けて書いています。

今回レビューするTicWatch Pro 5は、Wear OS by Googleを搭載したスマートウォッチです。

中国AI企業のひとつMobvoiから2023年5月発売された最新モデルについて実使用レビューをまとめました。

おるおる

いつでも現在地ルート確認できるのは最大のメリットです

おすすめできる人おすすめできない人
Androidを使っている人
登山アプリ「YAMAP」を利用している人

登山アプリ「ヤマレコ」を利用している人
腕時計地図見たい
iPhoneを使っている人
ヤマレコ以外の登山アプリを使う人
腕時計つけない

今回、商品提供を頂くチャンスがあり、「登山で使えるスマートウォッチか?」について実使用レビューしていきます。

登山向けスマートウォッチ探している方」は、ぜひ最後まで読んでみてください。

【関連】ヤマレコが使えるスマートウォッチ 3選を徹底解説!
【関連】YAMAPが使えるスマートウォッチ 3選を徹底解説!

2024年5月にリリースされた最新モデル TicWatch Pro 5 Enduroについては、コチラで解説しているので、合わせてご覧ください。
【関連】TicWatch Pro 5シリーズ最新モデル Enduroを徹底レビュー

登山アプリ連携できるスマートウォッチ/

この記事を書いている人
  • 登山歴11年
  • 北アルプス・南アルプスが大好き♪
  • 登山嫌い妻と一緒に山を楽しみたい
  • 0歳児からの親子登山・60代親孝行登山
目次

TicWatch Pro 5 良かった点【実使用レビュー】

TicWatch Pro 5を実際に使用してみてよかった点をまとめました。

ヤマレコと連携して登山地図が見られる

TicWatch Pro 5は、人気の登山アプリ「ヤマレコ」と連携ができ、登山地図を腕時計で確認できるのが最大の魅力です。

私は初代Garmin Instinctを利用していましたが、GPS軌跡モードはあっても登山地図を確認できない難点がありました。

TicWatch Pro 5があればスマホ取り出さなくても登山ルート現在地確認ができるようになりました。

現在置だけでなく、周辺スポット表示されるので新しい発見ができそうでワクワクします。

さらに、登山ルートを外れていれば警告アナウンスしてくれる機能があり、遭難リスク軽減できます。

地図のダウンロードやルート計画はスマホアプリ事前操作して、TicWatch側へインストールしておく点は注意が必要です。

おるおる

スマホを取り出さずにルート確認ができて、登山の快適さが増しました

【合わせて読みたい】ヤマレコが使えるスマートウォッチ 3選を徹底解説!

YAMAPが使えるようになりました

引用元:YAMAP

2024年4月23日にYAMAPから、スマートウォッチ版YAMAPの対応機種がWear OS by Googlgeに対応されたことが発表されました。

この発表により、待ち望んでいたTicWatch Pro 5でYAMAPが使えるようになりました。

おるおる

YAMAPをずっと使っていたので、紙対応に感謝です
ヤマレコでもYAMAPでも対応できるのでより多くの人に選ばれるようになりました

使い方はかんたんで、スマホ側でほとんど完結します。

連携手順と使い方を以下にまとめていますので、クリックしてみてください。

YAMAP 連携手順と使い方(クリックで開く)
  • PlayストアからYAMAPアプリをインストール
  • Android版YAMAPアプリ 10.17.5にアップデートする
  • Android版YAMAPアプリにて、地図をダウンロード
  • 保存した地図からスマホアプリの【活動を開始】をタップ

操作画面の詳細はYAMAP公式HPで確認できます。

アプリのダウンロードはコチラ

【関連】YAMAPが使えるスマートウォッチ3選を徹底解説!

表示はスマホと比べるとコースタイムやスポット情報が掲載されていませんが、ルートの確認ができます。

おるおる

毎回、スマホを取り出してルートの確認をしなくて良いのでスムーズに登山を楽しめます

\YAMAPが使えるスマートウォッチ!/

今なら27%OFFのクーポン発行中

長持ちのバッテリーで急速充電もできる

TicWatch Pro 5バッテリー駆動時間が、最大80時間持続するので登山長期縦走でも対応できます。

実際に、冬山低山の日帰り4時間のコースで使用して、地図アプリ「ヤマレコ」を使用して20%程度の減少でした。

この電池消費量であれば、1泊2日の登山なら電池寿命十分です。

また、高速充電テクノロジーにより、30分間の充電約65%まで回復するので、山小屋やモバイルバッテリーを利用すれば2泊以上の長期縦走でも十分に対応できるでしょう。

例えば、5000mAhモバイルバッテリーがあれば、約8回の充電が可能です。

おるおる

モバイルバッテリーがあれば、スマホ・ウォッチ・カメラの充電をしても、長期縦走に十分使えそうです

\コンパクトな大容量バッテリー 登山におすすめ/

ディスプレイが有機ELで見やすい

TicWatch Pro 5は、高解像度の有機ELディスプレイが採用されており、夜間でも視認性とても高いです。

登山GPSアプリのヤマレコYAMAPと連携すれば、登山ルート等高線までしっかり確認できる解像度が魅力的でした。

登山途中の夜間や直射日光下でもはっきり画面が見えるのでストレスがありません。

有機EL明るさによるライトモードが利用でき、夜の山小屋やテント内でライトが見つからないときに手元照らせます

多機能で操作性が良い

TicWatch Pro 5には、便利な機能アプリをたくさん搭載されています。

便利なアプリの例

  • バイタルモニター(脈拍、睡眠、血中酸素濃度)
  • 電話
  • アクティビティモード
  • コンパス、気圧計、高度計
  • マイク、スピーカー
  • ライトモード

さらに、Google Playからスマートウォッチ専用アプリダウンロードすれば、用途に合わせてカスタマイズできます。

おすすめアプリ
  • YAMAP
  • ヤマレコ
  • LINE
  • Amazon Music / Youtube Music
  • calendar
  • Google Map
  • TicExercise ※TicWatch専用バイタルアプリ

LINEアプリでは、メッセージの通知や返信といった一連の操作が可能です。

おるおる

ただ、返信の文字入力は大変なので、通知確認がメインになります
テンプレートやスタンプなどで簡単なリアクションはできます
音声入力が得意な人なら返信もできそうです

さらに、Google Payと連携すれば、クレジットカードタッチ決済が利用できます。

多機能になるとたくさんの操作が必要ですが、操作ボタンタッチパネルで感覚的に操作できるたね、初めての方にも使いやすいです。

引用元:Amazon

TicWatch Pro 5 気になる点【実使用レビュー】

TicWatch Pro 5は、登山に適したメリットがたくさんありますが、気になる点もあったのでレビューします。

標高モードは事前に校正が必要

最も気になったのは、TicWatchとヤマレコで表示される高度計の数値が異なる点でした。

初めて利用した際は、山頂の標高より、TicWatch Pro 5 の表示の方が約100m高い数値を示していました。

この原因は、TicWatch Pro 5の高度計校正していないためでした。

事前に校正すれば、実態との標高差はほとんどなくなります

おるおる

ただ、YAMAPヤマレコが連携できるため、TicWatch Pro 5 の高度計アプリは利用しなくなりました

高機能な分、価格がやや高め

TicWatch Pro 5の定価は、49,999円(税込)と少し高価に感じます。

ただ、多機能かつ高耐久性を実現したスマートウォッチなので、その価格も納得できます。

期間限定27%OFFセールが不定期に開催されているため、購入タイミングによってはお得に購入が可能です。

お得に購入したいという方はコチラをご覧ください。

モバイルSuicaが対応していない

モバイルSuica対応していないのは、残念なポイントだと感じます。

「Google Payのタッチ決済ができる」なら、モバイルSuicaの対応は欲しい機能の一つでした。

モバイルSuica対応は、登山の移動中に、財布やスマホを出す手間がなくなるため、今後のバージョンアップ期待です。

おるおる

キャッシュレス決済はこれまで通りクレカスマホを使ってます
いつかはスマートウォッチでピッ決済したいですね

日本語が少しおかしな点がある

完成度の高いTicWatch Pro 5なのに「どうしてここが?」と思ってしまう点が、スマートモードから起動したときの日本語が少しおかしいことです。

正直、「使い始めは、意味は理解できるのですが、すべての日本語レベルが低いのでは?」と不安になりました。

他のアプリ動作中は、おかしな日本語は出てこないため、特に気になりません

おるおる

ただ、次のアプリのバージョンアップの際には修正を希望したいですね

\期間限定クーポン今なら27%OFFお得購入/

TicWatch Pro 5 スペック表

引用元:Amazon ※1

TicWatch Pro 5 のスペックを一覧にまとめました。

TicWatch Pro 5スペック一覧

写真
商品名

TicWatch Pro 5

TicWatch Pro 5 Enduro
発売日2023年5月25日2024年5月9日
参考価格
(税込)
49,999円
36,500円
※セールあり
49,999円
寸法 (mm)50 x 48 x 1250 x 48 x 12
重量
バンドなし
44.3g44.7 g
カラーオプシディアン
サンドストーン
オブシディアン
ケース素材ステンレス
鋼7000シリーズ
アルミニウム
高強度ナイロン
グラスファイバー
ステンレス
鋼7000シリーズ
アルミニウム
高強度ナイロン
グラスファイバー
スクリーンコーニングゴリラ
指紋防止カバーグラス
サファイアクリスタル
バンドシリコン
(交換可能)24mm
フルオロラバー
(交換可能)24mm
バッテリー
容量
628mAh628mAh
最大
駆動時間
80時間90時間
充電時間30分で65%
約2日間使用可能
30分で65%
約2日間使用可能
防水等級5ATM
(オープンウォータースイム)
5ATM
(オープンウォータースイム)
耐久性MIL-STD-810HMIL-STD-810H
OSWear OS by Google
(Wear OS 3.5)
Wear OS by Google
(Wear OS 3.5)
チップ
セット
Snapdragon® W5+ Gen 1
wearable platform
Snapdragon® W5+ Gen 1
wearable platform
メモリRAM: 2GB
ROM: 32GB
RAM: 2GB
ROM: 32GB
ディス
プレイ
1.43インチ 466*466 326ppi
①フルカラー常時オン
ディスプレイOLED
②超低電力ディスプレイ
1.43インチ 466*466 326ppi
①フルカラー常時オン
ディスプレイOLED
②超低電力ディスプレイ
接続Bluetooth 5.2, Wi-Fi: 2.4GHzBluetooth 5.2, Wi-Fi: 2.4GHz
GNSS
(衛星)
GPS
Glonass
Galileo
QZSS
GPS
Glonass
Galileo
QZSS
Beidou
NFC決済あり(Google Wallet、13.56MHz)あり(Google Wallet、13.56MHz)
ハード
ウェア
スピーカー
マイク
バイブレーター
スピーカー
マイク
バイブレーター
センサー加速度計
ジャイロセンサー
HD PPG心拍センサー
SpO2センサー
皮膚温度センサー
低遅延オフボディセンサー
バロメーター
コンパス
加速度計
ジャイロセンサー
HD PPG心拍センサー
SpO2センサー
皮膚温度センサー
低遅延オフボディセンサー
バロメーター
コンパス
Android対応
スマホOS
Android 8.0以降Android 8.0以降
アプリモボイヘルスモボイヘルス
Amazon詳細を見る詳細を見る
※1 MIL-STD810H:米国国防総省によって開発された軍用機器の環境設計とテスト制限を、その耐用年数を通じて存続する条件に適合されていることに焦点を当てた規格

YAMAP使えるスマートウォッチ/

今なら27%OFFのクーポン発行中

TicWatch Pro 5を今買うならどこがおすすめ?

TicWatch Pro 5をいま購入するなら、Amazonまたは楽天市場がおすすめです。

定価49,999円のところを期間限定27%OFFクーポンが発行されて、最安値なら36,500円で購入できます。

楽天市場ならポイントアッププログラムやキャンペーンを組み合わせれば、還元率+5%以上で最安値での購入が可能です。

また、Amazonでアマゾンプライムカードを利用すれば、還元率+2%でさらにお得に購入できます。

Amazon楽天市場Yahoo ショッピング!
定価(税込)49,999円49,999円49,999円
割引額
(ポイント還元含む)
36,135円34,841円47,500円
割引率
限定クーポン最大27%OFF27%OFF(4/10まで)
ポイント還元(想定)+1%(365pt)+5%(1659pt)+5%
還元率UP方法アマゾンプライムカード利用
+2%
5と0のつく日
お買い物マラソンキャンペーン
PayPay利用
ショップへ詳細を見る詳細を見る詳細を見る
※2024年4月4日更新

\限定クーポン27%OFFでお得に購入/

TicWatch Pro 5 人気のアクセサリー

TicWatch Pro 5を購入して、オリジナルにカスタマイズできるおすすめのアクセサリーをまとめました。

  • 保護フィルム
  • 交換用バンド

Amazonレビューの高いものを中心にしているので、ぜひ参考にして下さい。

保護フィルム 【★評価4.5】

TicWatch Pro 5のディスプレイを傷や衝撃から守る「保護フィルム」は人気のアクセサリーです。

一番人気の保護フィルムは、硬度 H9とスマホでも使用されているタイプで、透明度高く視認性を損ないません。

登山では、時計が触れることが多くなるため、安心して楽しむために保護フィルムの利用はおすすめです。

交換用バンド【★評価4.1 以上】

TicWatch Pro 5のオリジナリティ装着性向上させるために、交換用バンドも人気があります。

交換用バンドは、複数のブランドからラインナップされており、大きくシリコン製フルオロラバー製の素材で分けられます。

一般的には、フルオロラバー製の方がシリコン製バンドより優れ、人気があります。

  • 耐久性
  • 柔軟性
  • 耐薬品性

純正品はシリコン製のため、カラーや形状を変えたいなら、他ブランド品もおすすめです。

ブランドごとにデザインが異なるため、自身の好みに合わせて、ぜひ選んでみてください。

人気のバンド

ブランド・写真Amazon 評価参考価格(税込)素材・カラータイトル

WOCCI
(4.3 / 5.0)
2,399円フルオロラバー
30色
詳細を見る

ANNEFIT
(4.3 / 5.0)
2,699円フルオロラバー
14色
詳細を見る

BINLUN
(4.1 / 5.0)
2,699円フルオロラバー
6色
詳細を見る
おるおる

TicWatch Pro 5のバンドサイズ24mmです!
サイズ間違いに注意してくださいね

登山に適したスマートウォッチ TicWatch Pro 5

TicWatch Pro 5を実際に使用してみて、登山で利用するスマートウォッチとしておすすめできると感じました。

特に、5年前から使用している初代Garmin Instinctと比較すれば、その性能差は圧倒的です。

特に、腕時計登山ルート確認できる快適さは、最大のメリットでした。

おるおる

駆動時間大幅UPして長期縦走でも利用できる能力も魅力です!
高い耐久性で登山での使用も安心できそうな点もポイント

スマートウォッチで登山をより快適にしたい」方は、ぜひTicWatch Pro 5をチェックしてみてください。

\今なら27%OFFでお得に購入できる!/

【関連】ヤマレコが使えるスマートウォッチ 3選を徹底解説!
【関連】YAMAPが使えるスマートウォッチ3選を徹底解説!
【関連】TicWatch Pro 5シリーズ最新モデル Enduroを徹底レビュー

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

登山歴11年
北ア・南アルぷスが大好き♪
登山が嫌いな妻と一緒に山を楽しむ挑戦中!
0歳児からの親子登山・60代の親孝行登山も楽しむ
山の魅力やおすすめギアなど情報を発信します

コメント

コメント一覧 (2件)

  • おるやまさん、詳細なレポートありがとうございます。
    こちらの商品について質問させてください。
    YAMAPとの連携で気になる点はありますでしょうか?(例えばリューズでのマップ拡大の可否等)
    宜しくお願い致します。

    • ろぐなさん
      コメント、ありがとうございます。

      今のところ、YAMAPとの連携で気になることは少なく、スムーズに使えています。

      マップ拡大も問題なくできます。
      ただ、スマホでの地図に比べれば、情報量は限定されています。
      例えば、山小屋やコースタイムの記載などは拡大しても、表示されません。

      それでも、スマホを毎回取り出すような手間はいらないので、使いやすいですよ

      地図の拡大縮小したものを記事に追加させていただきますのでまたご覧ください。

コメントする

CAPTCHA


目次