【登山で使える?】Ticwatch Pro 5 スマートウォッチ 実使用徹底レビュー

✓ 登山用のスマートウォッチはどれがおすすめ?
✓ 腕時計で地図を確認したい
✓ Ticwatch Pro 5 ってどんな性能?

この記事は、このような悩みのある方に向けて書いています。

今回レビューする『Ticwatch Pro 5』は、「Wear OS by Google」を搭載したスマートウォッチです。

中国AI企業のひとつMobvoiから2023年5月に発売された最新モデルについて、登山歴10年私 おるおるが実使用レビューをまとめました。

私は登山地図アプリに対応しているアウトドア向けスマートウォッチを探していました。

今回、商品提供を頂くチャンスがあり、登山で使えるスマートウォッチの実使用レビューをしていきます。

登山向けのスマートウォッチを探している方」は、ぜひ最後まで読んでみてください。

おすすめできる人
おすすめできない人
  • Andoroidを使っている
  • 登山アプリ「ヤマレコ」利用する人
  • 腕時計で地図アプリを見たい人
  • 1泊2日の登山で利用したい人 ※モバイルバッテリーがあれば3泊も可
  • iPhoneを使っている人
  • ヤマレコ以外の登山アプリが使いたい人
  • 地図アプリを腕時計で見ない人 

タイムセール 25%OFF 開催中!

目次

Ticwatch Pro 5 良かった点【実使用レビュー】

Ticwatch Pro 5を実際に使用してみて良かった点をまとめました。

Ticwatch Pro 5 良かった点

  • ヤマレコと連携して登山地図が見られる
  • 長持ちのバッテリーで急速充電も可能
  • 有機EL採用でディスプレイが見やすい
  • 多機能で高い操作性

ヤマレコと連携して登山地図が見られる

Ticwatch Pro5は、人気の登山アプリ「ヤマレコ」と連携ができ、登山地図を腕時計で確認できるのが最大の魅力です。

私は初代Garmin Instinctを利用していましたが、GPS軌跡モードはあっても登山地図を確認できない難点がありました。

Ticwatch Pro5があればスマホを取り出さなくても登山ルート現在位置の確認ができるようになりました。

現在位置だけでなく、周辺の地名表記されるので新しい発見ができそうでワクワクします。

さらに、登山ルートを外れていればアナウンスしてくれる機能があり、遭難リスクも軽減できます。

地図のダウンロードルート計画スマホアプリ側で操作して、事前にTicwatch側へインストールしておく点は注意が必要です。

おるおる
おるおる

Googleマップを利用できるので、街中での道案内にも困りませんよ

長持ちのバッテリーで急速充電もできる

バッテリー容量が、最大80時間持続するので登山の長期縦走でも対応できます。

実際に、冬山低山の日帰り4時間で使用して、地図アプリを使用して20%程度の減少でした。

この電池消費量であれば、1泊2日の登山なら電池寿命十分です。

また、高速充電テクノロジーにより、30分間の充電約65%まで回復するので、山小屋やモバイルバッテリーを利用すれば2泊以上の長期縦走でも十分に対応できるでしょう。

例えば、5000mAhモバイルバッテリーがあれば、約8回の充電が可能です。

おるおる
おるおる

ほかのデバイスとの充電サイクルの組み合わせを考えても、長期縦走で使えそうですね

ディスプレイが有機ELで見やすい

Ticwatch Pro5は、高解像度の有機ELディスプレイが採用されており、夜間でも視認性がとても高いです。

登山ルートや等高線までしっかり確認できる解像度が魅力的でした。

登山途中の直射日光下や夜間でもはっきりと画面が見えるので、ストレスがありません。

有機ELの明るさによってライトモードが利用でき、夜の山小屋やテント内でライトが見つからないときに手元を照らせるメリットがあります。

多機能で操作性が良い

Ticwatch Pro 5のアプリは、便利な機能をたくさん搭載しています。

登山中に良く利用するアプリはコチラでした。

  1. バイタルモニター(脈拍、睡眠、血中酸素濃度)
  2. 電話
  3. アクティビティモード
  4. コンパス、気圧計、高度計
  5. マイク、スピーカー
  6. ライトモード

登山中にスマホを取り出さずに電話ができるのもスマートウォッチならではの魅力です。

さらに、Google Playからスマートウォッチ専用アプリダウンロードすれば、用途に合わせたカスタマイズができます。

おすすめのアプリは

  • ヤマレコ
  • LINE
  • Amazon Music / Youtube Music
  • calendar
  • Google Map
  • TicExercise ※Ticwatch専用バイタルアプリ

Google Payと連携すれば、クレジットカードのタッチ決済ができます。

多機能になると、たくさんの操作が必要になりますが、

  1. タッチパネル
  2. ボタン
  3. クラウン回転ボタン

で感覚的に操作ができるので、初めての方にも使いやすい操作性です。

引用元:Amazon

Ticwatch Pro 5 気になる点【実使用レビュー】

Ticwatch Pro 5は登山に適したメリットがたくさんありますが、気になる点もあったのでレビューします。

Ticwatch Pro 5 気になる点

  • 標高モードは現実と差がある
  • 地図アプリはヤマレコのみ対応
  • 高機能な分、価格がやや高め

標高モードは現実と差がある

最も気になったのは、Ticwatchとヤマレコで表示される高度計の数値が異なる点でした。

その標高差は「ヤマレコ」と比較して、約100m高い数値を示すことがありました。

天気が曇っており、低気圧が発達した影響もありそうですが少し残念でした。

ただ、マップの位置情報はズレがほとんどないので、地形図からのおよその標高が推定できます。

標高を正確に確認したいときは、スマホの「ヤマレコ」を確認すれば問題なさそうでした。

登山の地図アプリはヤマレコのみ対応

登山の地図アプリは、ヤマレコのみの対応になっています。

ヤマップや他のツールは、Andoroidのスマートウォッチ用アプリがありません

ヤマレコ以外の登山アプリを利用しているユーザーはヤマレコに乗り換える必要があります。

私はこれまでヤマップを利用していましたが、ヤマレコをはじめて利用しました。

ヤマレコは地図の見やすさや登山計画の作成方法に、大きな差がないため慣れてしまえば簡単に使えました。

スマホより腕時計で地図を確認するほうが、ストレスが軽減されるので「ヤマレコ」に乗り換えるのも一つの選択肢だと感じます。

高機能な分、価格がやや高め

Ticwatch Pro 5の定価は、49,999円(税込)と少し高価に感じます。

ただ、多機能かつ高耐久性を実現したスマートウォッチなので、その価格も納得できます。

期間限定25%OFFセールが不定期に開催されているため、購入タイミングによってはお得に購入が可能です。

おすすめの購入先はコチラ

Ticwatch Pro 5 スペック表

引用元:Amazon ※1

Ticwatch Pro 5 のスペックを一覧にまとめました。

※1 MIL-STD810H:米国国防総省によって開発された軍用機器の環境設計とテスト制限を、その耐用年数を通じて存続する条件に適合されていることに焦点を当てた規格

タイムセール 25%OFF 開催中!

25%OFFクーポン 配布中!

Ticwatch Pro 5を今買うならどこがおすすめ?

Ticwatch Pro 5をいま購入するなら、楽天市場がおすすめです。

定価49,999円のところを期間限定25%OFFクーポンが発行されています。

さらに、0と5のつく日やお買い物マラソンなどのキャンペーンで楽天ポイントが10%還元されれば、さらにお買い得になります。

一方で、楽天市場を利用していないなら、Amazonでも25%OFFセールが開催されているためおすすめです。

Amazon楽天市場Yahoo ショッピング!
定価(税込)49,999円49,999円49,999円
割引額
(ポイント還元含む)
37,499円34,999円47,706円
割引率25%
限定クーポン最大25%
ポイント還元(想定)+1%+5%+5%
詳細を見る詳細を見る詳細を見る

登山に適したスマートウォッチ Ticwatch Pro 5

Ticwatch Pro 5を実際に使用してみて、登山で利用するスマートウォッチとしておすすめできると感じました。

Ticwatch Pro 5 良かった点

  • ヤマレコと連携して登山地図が見られる
  • 有機EL採用でディスプレイが見やすい
  • 多機能で高い操作性
  • 長持ちのバッテリーで急速充電も可能

特に、5年前から使用している初代Garmin Instinctと比較すれば、その性能差は圧倒的です。

特に、腕時計で登山マップを確認できる快適さは、最大のメリットでした。

Ticwatch Pro 5高い耐久性を有しているので、登山中に壊れてしまう心配もなさそうです。

スマートウォッチで登山をより快適にしたい」方は、ぜひTicwatch Pro 5をチェックしてみてください。

タイムセール 25%OFF 開催中!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

登山歴10年。主に北アルプスを登ってます♪
しかし、妻は登山が嫌い。
そんな妻と一緒に山を登るために日々挑戦中!
山嫌いな人と山に登り、山の魅力がどうやったら伝わっていくのかその記録を綴ります。
さらに、親子登山、親孝行登山も綴ります(´▽`*)
おすすめグッズや有益な情報発信もしていきます!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次