北アルプス 焼岳 登山 ~登山嫌いな妻 3年目の山人生開幕~

山嫌いな妻と山へ行く。

登山歴10年の僕 おるおる

登山初心者 妻 ヨメジと夏山へ!!

このブログは、

「登山嫌いな妻や家族と一緒にアウトドアを楽しみたいけどうまくいかない」

「アウトドア・登山の楽しみを家族と共有したい」

こんな方に勇気を届け、一緒に挑戦したいとの思いで綴っていきます。

■関連記事

目次

登山嫌いな妻 三年目の登山へ

登山嫌いな妻 ヨメジと 夏山登山(´▽`*)

いろんなことがありましたが、登山歴も3年目(*´ω`)

おるおる
おるおる

そろそろ登山好きになった??

と質問すると。

ヨメジ
ヨメジ

全然好きになってないよ(゚Д゚;)

とのこと。。。

そんなことでは諦めません(`・ω・´)ゞ

3年目の目標は、山小屋泊!!

登山の魅力の一つは、山頂での素敵でゆったりとした至福の時を過ごすこと(´▽`*)

日帰りだとどうしても忙しなくなってしまいます(;´・ω・)

そのために、様々な計画を立てていました(∩´∀`)∩

大事なことは、山の楽しみは自由ということ(´∀`*)ウフフ

まずは、なによりもヨメジが楽しめる山を選ぶこと!!

ヨメジの登山条件は、コースタイム 5時間以内!!

絶景が広がり、ヨメジが楽しめる山を探すしかない(´・ω・`)

そこで決めたのは!!!

焼岳  へ!!

福地山から望む焼岳

焼岳ってどんな山!?

焼岳は、標高2,455mの活火山です。

上高地から望む焼岳

1915年(大正4)年に大噴火で、大規模な泥流が発生して、

梓川の流れがせき止められて一夜にして大正池が誕生しました。

登山前には、気象庁の噴火警戒レベルの確認を徹底してください!!

奥穂高岳から望む焼岳

■アクセスと日帰り登山ルート

焼岳は、大きく3つのルートからアタックできます。

①新中の湯ルート 

コースタイム:5時間

岐阜県側のアカンダナ駐車場と釜トンネルの国道158号線の途中にあります。

登山口から山頂まで、山小屋がないので水やトイレに注意が必要!!

②上高地登山口

コースタイム:6時間50分

マイカー規制があるため、バスまたはタクシーでの移動が必要。

上高地か大正池で下りて、登山口へ向かう!!

途中に、なが~いはしごを登るコース。

シーズンが終わるとはしごは撤去されるので、最新情報を入手して登ってください!

③中尾高原口

コースタイム:7時間30分

新穂高温泉側の合唱の森中尾キャンプ場に駐車場あり。

2022年は、災害復旧工事のため入山不可です(2022/4/8情報)。

最新情報をチェックして、登山してください。

■焼岳登山に向けて出発

今回は、ヨメジの登山条件に合うコースタイム5時間の新中の湯ルートを選択。

あとで、数々の失敗に気づきますが、ここではまだコースタイムしか気にしていませんでした(。-`ω-)

時は、6月中旬。

中国出張で疲れ果てて山に行きたい欲MAX。

ヨメジも理解してくれました(´▽`*)

早朝 3:00起床!!

登山嫌いな妻 ヨメジ熟睡。

服を着替えさせて、荷物と一緒に妻も車に積み込みます(`・ω・´)ゞ

名古屋から登山口までは、休憩を含めて約4時間の道のりです。

晴れ予報の天気。

高山市から平湯温泉に続く平湯トンネル(´▽`*)

トンネルを抜けるとそこは!大絶景の秘境(≧▽≦)

笠ヶ岳も手招きしてくれていました(∩´∀`)∩

ただ、すでに7時を過ぎようとしている時間帯。

駐車場戦争に敗退し、少し離れた場所へ駐車することに(;´・ω・)

まだ、そんなことではへこたれません(#^^#)

念願の焼岳登山ですから(^^♪

ヨメジの靴を装備して、いざ出発!!

時間は、8時になっちゃいました(*‘ω‘ *)

山頂は曇る可能性があるなぁっと少し焦っています(=゚ω゚)ノ

毎回思うけど、路駐はすることもあるかもしれませんが、登山口の正面に駐車するのはさすがに良くないよね~。

ヨメジ
ヨメジ

登山者のモラルを疑うわ٩( ‘’ω’’ )و

すこしヨメジの機嫌が悪くなってしまいました( ;∀;)

おるおる
おるおる

みんなが悪いわけじゃないんだよ~(;’∀’)

とフォローしていよいよ、登山開始!!

■悲劇のはじまり

新中の湯ルートは序盤は樹林帯の中を約1時間30分ほど登っていきます。

木々がうっそうとしている場所が嫌いな、ヨメジ。

葉っぱに触れないように、グングン進んでいきます( ゚Д゚)

すでに、ご機嫌は斜め(;゚Д゚)

ヨメジ
ヨメジ

うわっ!!!!!!!!!!
最悪、ナメクジいるじゃん(-_-メ)

おるおる
おるおる

なぬ、ごめん。

実は、「高い山にはナメクジ系はいないよ」と伝えて登山していたので、

まさかここで出くわすとは(。-`ω-)

この後、僕が先に登り、悪いものは見つけようと先導することにしました(´っ・ω・)っ

ず~っと、後ろからプレッシャーを受ける僕((+_+))

しかし、荷物が重くて、なかなかスピードが上がりません。

後からのプレッシャーを浴び続けます(゜_゜)

あれ~。こんなに登山ってつらかったっけ~(。-`ω-)

もっと、楽しんで登るはずだったのに~(/_;)

できる限り早く、でもゆっくりと歩みを進めていると、横から無言でヨメジがブチ抜いていきます(;’∀’)

ガンガンスピードUP!!

全くついていけません(´・_・`)

山では見えなくなってはいけないよっと何度も伝えてきたので、ちらちら見える位置にいます(;’∀’)

コチラからは見えにくいけど、ヨメジは約束を守りつつ、爆速で登り続けます(‘Д’)

登山開始から約1時間。

おるおる
おるおる

あれ~。登山ってこんなにしんどかったっけ~(´・ω・`)
楽しくないな~( ;∀;)

おるおる
おるおる

やっぱりヨメジは、北海道育ちで自然に飽きているから感動しないんだろうなぁ~;つД`

おるおる
おるおる

無理に連れてきて申し訳なかったなぁ~(/_;)
やっぱり、登山嫌いな妻と一緒に登るっていう夢が甘かったなぁ~

ヨメジが、待っているなと思ったら、給水してました(=゚ω゚)ノ

そして、爆速で再び登っていきます(‘Д’)

おるおる
おるおる

やっぱり、山に登るのは嫌いな人に好きになってもらうのは無理なのかなぁ;つД`)
これが最後のヨメジとの登山だなぁ~。。。さみしいなぁ。。。。

心が折れかけます。。。

おるおる
おるおる

ブツブツブツブツ……(゜_゜)

ものすごくネガティブになって、ヨメジとの登山は最後だとあきらめムードで登りました(T_T)

辛い気持ちで登っていたら、急に景色が開けました(´▽`*)

焼岳の山頂が見えてます(*^▽^*)

ヨメジとはこれが最後の登山かもしれないけど、これだけのきれいな景色を一緒に見れてよかった(ノД`)・゜・。

と思いながら、進んでいると、ヨメジが待ってくれてました(*^▽^*)

すごい怖い顔でしたが、

ヨメジ
ヨメジ

見えるよ!!

っと腕を上げて山頂を指してくれてます(*^▽^*)

おるおる
おるおる

きれいだね!!よし帰るか!!

ここで、僕は下山提案(´・_・`)

まだ、一時間半は登らないといけないのに、これだけ辛い登山はしたくないだろう。

また、僕の心も折れかけていたからです(´・ω・`)

しかし、無言でヨメジは登り始めてくれました(‘Д’)

無言で続くこの辛い登山、いつまで続くのかなぁ;つД`)

■次回の話

ここまで、ブチ切れてる妻と焼岳を登ってきました。

まだ、後半の登りが続きます( ;∀;)

いったいこの登山はどういった結末になるのか!?

ヨメジとこれからも山へ一緒に行けるのか?!

次回も読んで頂けますと幸いです(´▽`*)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

登山歴10年。主に北アルプスを登ってます♪
しかし、妻は登山が嫌い。
そんな妻と一緒に山を登るために日々挑戦中!
山嫌いな人と山に登り、山の魅力がどうやったら伝わっていくのかその記録を綴ります。
さらに、親子登山、親孝行登山も綴ります(´▽`*)
おすすめグッズや有益な情報発信もしていきます!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次