【親孝行登山 PJ 第2弾】 南アルプス 悪沢岳・赤石岳の大冒険

おるおる
おるおる

こんにちは。
登山歴10年のおるおるです。

今回は、親孝行登山 PJ 第2弾 南アルプス深南部【悪沢岳・赤石岳】の大冒険編をつづっていきます。

2021年の夏 「大けがから復帰したおる父」「父を支え続けたおる母」を連れて、夢の大縦走黒部五郎岳に挑戦しました。

必死の思いで挑戦した大縦走の記録はコチラ

そして、2022年の夏 南アルプスに挑戦します。

おる母
おる母

テレビで見た悪沢岳から赤石岳の稜線を歩いてみたい

おる母の要望に応えて、南アルプスの大縦走に挑むことになりました!

南アルプス 悪沢岳・赤石岳 への登山は、入山するまでのハードルが高く、山小屋の予約やバスのシステムもすごくわかりずらかったです。

2023年 悪沢岳・赤石岳に挑戦する方はぜひコチラも参考にしてください。
【南アルプス 悪沢岳・赤石岳】周回ルート徹底解剖~天空のお花畑へ~

この記事はこんな方に向けて書いています。

✓ 60歳以上の高齢者との親孝行登山に挑戦したい方
✓ 大ケガしたけど、山を諦められない方
✓ 南アルプス 悪沢岳・赤石岳へ登りたいと夢見ている方

おるやま一家の登山記録ではありますが、高齢者との登山や親孝行したいと感じている方に向けて書いていますので、ぜひ最後まで読んでいただければ幸いです。

目次

南アルプス 悪沢岳・赤石岳周回ルート 登山計画

親孝行登山プロジェクト 第2弾の目標は、南アルプス深南部の悪沢岳赤石岳へ挑みます!

悪沢岳は、南アルプス南部の荒川三山の主峰 東岳(標高 3,141m)の別名で、日本百名山のひとつで、標高は日本で6番目に高い山として知られ、山頂から望む富士は言葉で言い表せない大絶景が広がります。

悪沢岳のほかに、荒川三山には、中岳(標高:3,083.7m)前岳(3,068m)のピークがあり、赤石岳に向かう際に超えていく必要があります。

悪沢岳山頂にて

2つ目の目標である、「赤石岳(標高3,120m)」は日本百名山のひとつで、7番目に高い山です。

大昔にとある大富豪がその美しさに魅了されて、多くの人に担ぎ上げられて登頂した山として知られ、山頂からは深い南アルプスの山並みや富士山を望むことができます。

悪沢岳稜線から望む赤石岳(左奥)

そんな夢の大縦走に向かう今回の周回ルート登山計画はコチラです。

南アルプス 悪沢岳~赤石岳 周回ルート

60代の両親を基準にしています。
体力度:★★★★★  難易度:★★★☆☆

椹島(登山口)
↓ ※樹林帯を延々8時間以上登ります
千枚小屋 (1泊)
↓ ※美しい稜線歩き
荒川三山
↓ ※標高を大きく下げて、鞍部の荒川小屋からの登り返しはつらい
赤石岳
↓ ※険しい樹林帯を超えて、富士見平からの景色は最高!
赤石小屋 (1泊)
↓ ※富士山を見ながらのゆったりした下山ルート
椹島 (下山口)

3000m級の稜線をアップダウンを繰り返しながら進むルートです。

千枚岳・丸山・東岳(悪沢岳)・荒川中岳・前岳・小赤石岳・赤石岳 / おるやま△登山嫌いな妻と山に行くさんの小赤石岳前岳(長野県)千枚岳の活動データ | YAMAP / ヤマップ

山行日程詳細

1日目 [椹島ロッジ → 千枚小屋]
コースタイム(休憩有):約8時間
体力度:★★★★☆  難易度:★☆☆☆☆

樹林帯を登り続けて8時間、「過去最高の登りだった」とおる父は申しておりました。どの山に登っても言っていますが・・・。

2日目 [千枚小屋 → 悪沢岳 → 赤石岳 → 赤石小屋]
コースタイム(休憩有):14時間
体力度:★★★★★  難易度:★★★☆☆

3,000m峰の稜線歩きですが、アップダウンが激しいので体力とスピードが必要です。
※体力に不安がある方は、途中の荒川小屋にて一泊することで、ゆったりした登山を楽しめます。

3日目 [赤石小屋 → 椹島ロッジ]
コースタイム(休憩有):6時間
体力度:★★☆☆☆  難易度:★★☆☆☆

展望もよくて富士山を眺めながら、樹林帯を下っていきます。時間も体力も余裕をもって下山することができます。

南アルプス 登山口での悲劇が…!!

登山前日の午後15:00

大阪を出発!

休憩を含めて約8時間かけて、「畑薙(はたなぎ)第一ダム」へ向かいます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

登山歴10年。主に北アルプスを登ってます♪
しかし、妻は登山が嫌い。
そんな妻と一緒に山を登るために日々挑戦中!
山嫌いな人と山に登り、山の魅力がどうやったら伝わっていくのかその記録を綴ります。
さらに、親子登山、親孝行登山も綴ります(´▽`*)
おすすめグッズや有益な情報発信もしていきます!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次