登山嫌いヨメジの初年度振り返り

登山
スポンサーリンク

【登山好き おるおる が 登山嫌いな ヨメジ とともに歩む登山日記】

 登山嫌いな妻が山の魅力に惹かれる様子。

 登山を趣味にする魅力やおすすめの登山道具を紹介しながら、山の魅力に迫っていきます。

 自分は登山が好きだけど、家族が苦手としてて、それでも一緒に行ってみたいと思う方に勇気を届けられれば幸いです。

スポンサーリンク

■前回の話

 2018年、登山嫌いな妻 ヨメジが東海に来てくれて、3つの山に登って頂きました。

① 木曽駒ヶ岳 :酷暑登山により、山頂でヨメジ泣く(;_;)

② 西穂独標  :酷暑と恐怖により、山頂でヨメジ切れる(-_-メ)

④ 御在所岳  :ヨメジ、機嫌が良い(´・ω・`)

今回は、登山嫌いな人と山へ行くときに重要なことを改めてまとめてみたいと思います。

2019年登山に向けて、ヨメジが山を少しは好きになることを期待して(´っ・ω・)っ

いや、好きでなくても一緒に行ってもいいよって思えるように、挑戦してみます(;^ω^)

■登山嫌いな人の特徴

  • 登山嫌いなよく聞く理由
    1. 山を登るのがしんどい
    2. モチベーションがわかない
    3. 単調で飽きる

そもそも山に興味を持っていないから嫌いとかいう概念もない気がします。

ヨメジも全く、山に登ったこともなく、登山する想像すらしたことありませんでした。

そこで、まず強く意識したポイント!!

★一緒に行く際のポイント

 ヨメジと一緒の趣味を持ち、楽しみたい! ヨメジを一人で留守番してもらうのも嫌!

「最終的には一緒に行きたいという熱意」が届いての一年目だったと思いました。

僕が山に行けない日は、Youtubeの山動画を見てましたが、頻度が高くて怒られてばかりでした。

ヨメジ「また山みてる~、もう飽きたから他の見ようよ~(´・ω・`)」
ヨメジ「あ~イライラしてきた。山ばっかりじゃん(-_-メ)」

だから、とにかく一緒に行きたい理由を何度もPRしました。

山の魅力を何度も伝えました。山好き おる母 にもアドバイスをもらいました。

また、Yahooの知恵袋で勇気をもらいましたよね(´・ω・`)

同じように悩んでる人いるんだなぁって。だから、諦めずに挑戦を続けてます(=゚ω゚)ノ

一緒に登ったら、僕が考える山の魅力とは異なる点で、ヨメジが喜ぶ姿を学びました。

人それぞれ、山の魅力は異なる!!これが大きな気づきでした(*’▽’)

今考えれば、当たり前なんですが、山が嫌いという発想がなくて。。。なかなか気づけませんでしたね(;´・ω・)

■山の魅力

  • 登山好きの僕が考える魅力 (*^▽^*)
    1.  下界では見れない素晴らしい景色が広がっている
    2.  頂上でのカップラーメンがおいしいとか
    3.  山頂に立った時の達成感や充実感
  • 登山嫌いなヨメジが考える魅力 ※僕の観察結果
    1.  涼しいこと ← これは後に訂正が入っていきます
    2.  飽きないルート ※川、動物、景色、軽い岩場など変化に富む
    3.  おいしい山ご飯
  • ヨメジに直接インタビュー結果
    1.  好きなものが食える ← 普段は節約するが、山ではケーキやアイスが食べられる。
    2.  高山が近い ← 古い町並みや雰囲気が好き。飛騨牛が安くていっぱい買える。
    3.  すべてを許される ← 切れても、泣いても、わがまま言ってもOKするから。

まぁ、インタビュー結果からは山でなくてもいい感じはますが、それを全面に出せば山にはついてきてくれることがわかりました (;^ω^)

そもそも、一緒に登らないと興味を持つことすら困難ですから、第一歩としては上出来だと自画自賛してます(*’▽’)

2018年を振り返りはこれでおしまいです。

■次回の話

2019年に登ったヨメジとの山旅について、次回から綴らせて頂きます。

御在所岳を経て、ヨメジが山を好きになった気がしていた僕は、2019年も試行錯誤の連続で、登山に挑戦し続けることになります。

次回もまた、読んで頂ければ幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました